大人のカロリミットの副作用は?本当のこと教えて!

大人のカロリミットは知名度が高いダイエットサプリで、脂肪を代謝する力を高める効果や、食事から摂取される糖や脂肪の吸収を抑制する効果が期待できますが、一方で副作用はないのかという心配があります。

 

そこで、大人のカロリミットを飲むことで考えられる副作用があるのかを調べました。

 

 

 

副作用の心配はない

さきに結論を言いますが、大人のカロリミットを飲んでも副作用の心配はありません。

 

即効性が期待できる医薬品は副作用が起こる可能性がありますが、効果が緩やかな健康食品は副作用が起こる心配がありません。

 

大人のカロリミットは一般的な栄養補助食品とは異なり、品質や信頼性が高い「機能性表示食品」ですが、医薬品ではありません。

 

そのため、副作用の心配をせず安心して飲めるのです。

 

 

 

一時的な体調悪化が見られることがある

大人のカロリミットを飲み始めてから、下痢や便秘といった体調悪化を感じる方が一定数います。

 

副作用ではと思うかもしれませんが、これは「好転反応」と呼ばれるもので、体の中の余分なものが排出されるときに、一時的に体調悪化を感じることはあるのです。

 

この好転反応による体調悪化は効き始めている段階ともいわれているので、1〜2週間ほどは様子を見ながら続けてみましょう。

 

もしそれ以上体調悪化が続いたり、ひどくなったりした場合は身体に合わない可能性もあるので、飲むのを中断し医師に相談をするとよいですね。

 

 

 

多く飲んでもよく効くわけではない

副作用の心配がないなら、効果を出すためにより多く飲みたいと思う方もいるでしょう。

 

口コミを見るとたくさん食べる日には少し多めに飲んでいるという方もいるようですが、実際のところ1日4粒という目安量以上に摂取したからといって、効果が高まるわけではありません。

 

大人のカロリミットは臨床実験によって1日4粒という推奨目安量が決まっているサプリメントです。

 

たくさん飲むことで中には下痢や便秘といった体調不良を起こす可能性が出てきます。

 

これは体質や個人差もあるため一概には言えませんが、美味しい食事も摂りすぎると体調不良が起こることがあるのと同じで、多く飲むことはあまりお勧めできません。

 

食事を取らずに大人のカロリミットを飲めばより効果的と思う方もいると思いますが、これもおすすめできません。

 

サプリメントだけでは1日に必要な栄養は取れませんので、適切な食生活にプラスして大人のカロリミットを取り入れるとよいでしょう。

 

⇒【今だけ!】大人のカロリミット公式サイト限定豪華特典キャンペーン開催中!